はちみつ 甘くて優しくて 自然のスイーツ 体によくすぐれた栄養

すきま!ためになる記事

リンクを貼ります。ハチミツ

  1. はちみつは古くから私たち人間の生活に密着してきました。
  2. 一匹の蜜蜂が一生を通じて集めることができる量は、ティースプーン一杯分といわれています。
  3. 大まかに日本全国のポイントとなる養蜂場を指示してみます。
    1. 宮崎県 宮崎市 西澤養蜂場
    2. 兵庫県 神戸市 ハニーマザー
    3. 大阪府 大阪市 オールビー
    4. 三重県 松阪市 水谷養蜂場
    5. 岐阜県 岐阜市 桑原ハニーガーデン
    6. 岐阜県 安八郡 日新蜂蜜
    7. 東京都 武蔵野市 ハニーB ヘルシーフード
    8. 長野県 須坂市 鈴木養蜂場
    9. 北海道 河東郡 十勝かみしほろん市場
    10. 北海道 中川郡 ナルセ養蜂場
  4. それでは、代表的なものを列記しましょう。ハチミツの種類
    1. アカシア はちみつの女王と呼ばれています
    2. レンゲ はちみつの王様と呼ばれています
    3. トチ 東北各地の山地に多く自生し大木に育って、大量の花蜜をだします
    4. みかん 色は透明感のある金色、粘性が強く、ビタミン・ミネラルを多く含んでいます
    5. 百花 自然にブレンドされているケースと採蜜後にブレンドされるケースの2通りがあります
    6. そば 個性的で、独特の香り とりわけ鉄分が多い
    7. りんご 濃厚なコクとフルーティーな香り リンゴの開花期間は10日と短く生産量が限られており、貴重となっています
    8. 菩提種 山のハチミツの代表格 人によって、好き嫌いが分かれます
  5. では次に、ハチミツの栄養について記載します。
  6. ハチミツに含有されているビタミン類には、
  7. そして大切な ハチミツのカロリー
    1. Related Posts

はちみつは古くから私たち人間の生活に密着してきました。

なんと紀元前6000年頃にはスペイン東部の洞窟の壁に、はちみつを採る人々の姿が描かれて

います。日本でも大化の改新直前の643年頃に、ミツバチを育ててはちみつを採る歴史が

始まったと言われています。

はちみつはミツバチが採取した天然の甘味料です。ミツバチたちは花から花へと蜜を集め

それを巣に持ち帰ります。羽で風を送り、巣の中の温度と湿度を一定に保ちながら花蜜の水分を

減らし濃縮させ、天然のハチミツが完成します。

一匹の蜜蜂が一生を通じて集めることができる量は、ティースプーン一杯分といわれています。

ミツバチの働きをサポートしているのが、養蜂家の皆さん。非常にデリケートな生き物である

ミツバチを常に最良のコンディションで活動できるように、サポートしています。

ミツバチと養蜂家のまさに共同作業があってこそ、おいしいハチミツが私たちの食卓に

届くのです。

大まかに日本全国のポイントとなる養蜂場を指示してみます。

九州から北海道へ上がっていきます。

宮崎県 宮崎市 西澤養蜂場

兵庫県 神戸市 ハニーマザー

大阪府 大阪市 オールビー

三重県 松阪市 水谷養蜂場

岐阜県 岐阜市 桑原ハニーガーデン

岐阜県 安八郡 日新蜂蜜

東京都 武蔵野市 ハニーB ヘルシーフード

長野県 須坂市 鈴木養蜂場

北海道 河東郡 十勝かみしほろん市場

北海道 中川郡 ナルセ養蜂場

ミツバチが蜜を集める花は、代表的なものだけでも世界中に4000種以上もあるといわれて

います。どんな花から採蜜したかによって、味も、香りも、色も、違ってくるので、相当の種類

となります。花によって独特の深みがあり、色も深い褐色の濃いものと、薄いものと特徴が

出ます。百花蜜という、それこそ、百もの種類の花々からの蜜もあります。

それでは、代表的なものを列記しましょう。ハチミツの種類

アカシア はちみつの女王と呼ばれています

レンゲ はちみつの王様と呼ばれています

トチ 東北各地の山地に多く自生し大木に育って、大量の花蜜をだします

みかん 色は透明感のある金色、粘性が強く、ビタミン・ミネラルを多く含んでいます

百花 自然にブレンドされているケースと採蜜後にブレンドされるケースの2通りがあります

そば 個性的で、独特の香り とりわけ鉄分が多い

りんご 濃厚なコクとフルーティーな香り リンゴの開花期間は10日と短く生産量が限られており、貴重となっています

菩提種 山のハチミツの代表格 人によって、好き嫌いが分かれます

では次に、ハチミツの栄養について記載します。

ハチミツの効能には健康面・美容面の両方で数多くの要素が挙げられます。

代表的なものとしては、体内に取り込まれてから素早くエネルギー源として働き始めることから

【疲労回復】、ハチミツに多く含まれているカリウムが体内の余分な塩分排出の働きで

【高血圧の予防】などがあります。 その他にも整腸作用があることから【便秘や下痢の改善】、

肝臓の機能向上をはかる栄養成分を豊富に含んでいることから【強肝作用】などがあります。

ハチミツに含まれる栄養成分には、良質なビタミン類やミネラル類をはじめ、アミノ酸や酵素

といった栄養素も豊富に含まれている、非常に栄養価の高い健康食品であります。

ハチミツに含有されているビタミン類には、

ビタミンB1・B2・B6・葉酸・ニコチン酸・

パントテン酸・ビタミンC・ビタミンK・ビオチンなどがあり、ミネラル類としてはカリウムを

多く含んでいる他、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・マンガン

などが含有されています。

そして大切な ハチミツのカロリー

ハチミツは砂糖の1.3倍の甘味度です。はちみつのほうが甘味が強いので、砂糖よりも使う量が

少なくて済みます。具体的には、「砂糖が大さじ3杯(27g)に対し、ハチミツが大さじ1杯

(21g)」で同じ甘さになります。ということで、砂糖が105Kcalに対し、はちみつが65Kcalで

40%もハチミツの方が低カロリーになります。

まだまだ伝えたいことはあるのですが、詳しいことはパート2ということにいたしましょう。

今回は、整理をして大まかな事だけをお伝えしました。

それでは、またパート2をお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました