ナッジ理論とは、知っていますか。行動経済学の理論を使って行動を誘導する仕掛け

すきま!ためになる記事

リンクを貼ります。ナッジ理論 を学びましょう

ごみのポイ捨てや野生動物対策など、幅広い行政課題を知恵と工夫で解決する試み

ナッジ理論は、文章の表記や表示方法等を工夫することで、その人の心理に働きかけ、行動を

行動科学的に変えていくことができるというものです。非常に面白く、興味を引き立てられます。

ナッジ理論は「小さなきっかけを与えて、人々の行動を変える戦略」です。行動経済学で用いられ

る理論のひとつとして扱われます。ちなみに、

「ナッジ(nudge)』とは直訳すると「ヒジでちょんと突く」という意味です。

2017年に、シカゴ大学の行動経済学者リチャード・セイラー教授がノーベル経済賞を受賞したこと

で、「ナッジ理論」アメリカの企業を中心に世界的に広まってきていました。企業の

マーケティング戦略で利用される他に、イギリスやアメリカでは公共政策でも使われています。

ささやかなきっかけを与えることで、人々の行動をガラッと変えてしまうことから、

「現代の魔法」とも言われています。最近では、日本のドキュメンタリー番組で特集が組まれて

放送されました。(参考

行動経済学とは、合理的でない人間の行動や判断を解明する学問

ナッジ理論のベースにある行動経済学とは、

「心理学を応用し、人間は情報や感情に流されて動くという点を読み解く」学問です。

人間がかならずしも合理的には行動しないことに着目し、従来の経済学では示せなかった現象や

経済行動を人間行動を観察することで説明しようとする新たな経済学です。

人が判断して行動を起こす際の直感と感情を重視し、さらにそのメカニズムを明らかにする学問といえます。

心理学も関連づけられています。(参考

例えば、以下のような例が挙げられます。

今日は外食と決めていたひとがうなぎ屋さんに行ってメニュー表を開いた例

そこには、「松1500円」「竹2500円」「梅3500円」のうな重メニューでも、ステーキメニューで

もいいのですが、このような記載がありました。実際こうした3段階的なものは、結構経験して

いると思われます。

お金に厳しい状況なら、ここはお安く1500円の松を食べようかな……」と思うかもしれません。

しかし、5割以上が真ん中の2500円の竹を選びます!なぜ人は、2500円の竹を選ぶのでしょうか?

価格が分かれている場合、人は「安い商品よりは、高い商品の方が品質は良いはず」という思い込

みが働きます。ただし最も高い商品に対しては、「一番高いモノは贅沢な気がするし、失敗した

場合損失が大きいかも」という心理が働いて、回避する傾向にあります。

また、一番安い商品に対しては、「一番安い商品を選ぶと、貧乏やケチだと思われないかな?」

という、世間体を気にしたり見栄の心理が働くともいわれます。そのため、選択肢が3つあった

場合には、真ん中を選びやすくなります。このような、

あまり合理的とはいえない一連の行動や人間の判断を解明するのが行動経済学です。

人の心を誘導する点から、マーケティングや広告などでも応用が効力を発揮します。

「ここは自転車捨て場です」貼り紙で、放置自転車をゼロに

放置自転車対策で「ここは自転車捨て場です。ご自由にお持ちください」の内容の張り紙を、

ハンドルの高さ近くの位置に貼りました。その後、ビル内に自転車が放置されなくなりました。

少し皮肉った内容ですが、「自転車を放置させない」という選択をさせるためには有効な

ナッジ理論だったといえます。

日本の警察が日本代表サポーターを「12番目の選手」として誘導して混乱を収めた例

2013年サッカー・ワールドカップ日本代表戦による影響で、JR渋谷駅前にサッカーファンが

殺到し、駅前のスクランブル交差点が大混雑しました。

しかし、警視庁の男性隊員の「皆さんは12番目の選手。日本代表のようなチームワークでゆっくり

進んでください」という機転溢れるスピーチによって、混雑は緩和されました。逮捕者、けが人も

出ることなく、大きなトラブルは起きませんでした。

民衆の良心にさりげなく訴え、人々の自主性に委ねたスピーチはまさしくナッジ理論。

的を描いた男子トイレは、床の汚れの軽減につながった。

経費削減をしていたアムステルダムのスキポール空港は、男子トイレの床の飛び跳ねた汚れの清掃

費が高く困っていました。

そこで、小便器に1匹のハエを描きました。その結果、トイレの床を汚す人が少なくなり、清掃費

は8割も減りました。

これは「人は的があると、そこに狙いを定める」という分析結果に基づいて、小便器を正確に利用

させたナッジ理論です。この話はナッジ理論の最も有名な成功例といわれています。

ごみのポイ捨てをやめさせたいという課題。

ごみ箱をバスケットゴールに見立てることで、ごみを中に入れる人が増えたという例などがある。

ここまで、人々の為になるナッジ理論を紹介してきましたが、世の中には悪用されたナッジ理論も

あります。マーケターが悪用事例を知っておくことで、意図せずナッジ理論を悪用してしまう

というリスクを避けられます。ぜひおさえておきましょう。

これからもいろんなシーンで、活用が期待されますが、いまいち理解が難しい面もあり

教育としての、体系整理も必要と思う。

面白い、興味がわくを活性させて、良いものに繋げていけるようにしたいものである。

タイトルとURLをコピーしました