ビッグデーターを街づくりに活用した次世代都市 スマートシティー

すきま!ためになる記事

今、世界各国で導入が進められ、日本でも自治体や企業の取り組みが注目されている。

  1. スマートシティは、人が集まる・人が住みやすいまちづくりを目指す取り組みです。
  2. 住民や企業にとって安全・安心であり、豊かで持続的なまちづくりを目指します。
    1. エネルギーや上下水道、リサイクルなどの管理を地域内で最適化する
    2. オンライン診療の実施 ICTデータの活用により健康寿命を延ばす
    3. 自動運転や自動配送などの普及による交通・物流サービスの向上 いつでも、どこでも必要な移動・配送サービスを提供
    4. 教育の充実 ICTを活用した教育の充実
    5. 地域の見守り支援や防災 安心安全な街の実現 災害情報をリアルタイムで取得・発信し、迅速な避難・復旧を実現
    6. 金融 キャシュレス社会を実現し、取引をデジタルで完結
  3. スマートシティーの取り組みは主に、2種類に分けられる
    1. 一つは市区町村などが主体となる。行政主導型
    2. 地区街区の運営協議会などが実施するエリアマネジメント型だ
  4. 関係府省がそれぞれの事業を通じて各地の取り組みを支援している。
  5. 構築は世界各国でで活発だ。
  6. 同国北東部のに位置するプンゴル地区で進められているプロジェクトである。
  7. 都市部に住む世界の人口は、2050年に全体の70%に達すると予測されている。
  8. 日本の自動車会社トヨタが推し進める、計画に触れておこう。
  9. スマートシティ構想の実現に向けて、トヨタは幅広く連携する
  10. 「駐車場、ショールーム、教育、医療、スポーツ、マリーナ、飛行場、飲食、宿泊、売店などの運営および管理」。そして、「バイオテクノロジーによる農産物・樹木の生産」
    1. Related Posts

スマートシティは、人が集まる・人が住みやすいまちづくりを目指す取り組みです。

     リンクを貼ります。スマートシティー事例。

世界中で進む都市への人口集中やグローバル化の進展により、都市では多様なモノや仕組み、

サービス、組織、ビジネスモデルなどに新たな考え方や技術を取り入れて新たな価値を生み出し、

社会にインパクトのある革新や刷新、変革をもたらすことが起こるとともに、多くの社会課題も

顕在化しています。気候変動の影響により増大する災害や事故に強い都市機能、災害時ライフ

ラインの実現が求められています。

自治体・地域協議会・民間事業者間の垣根を超えたデータの利活用やサービス連携が継続的に生ま

れるエコシステムを実現し、インバウンドの増加や産業の活性化など、

住民や企業にとって安全・安心であり、豊かで持続的なまちづくりを目指します。

具体的には、

エネルギーや上下水道、リサイクルなどの管理を地域内で最適化する

オンライン診療の実施 ICTデータの活用により健康寿命を延ばす

自動運転や自動配送などの普及による交通・物流サービスの向上 いつでも、どこでも必要な移動・配送サービスを提供

教育の充実 ICTを活用した教育の充実

地域の見守り支援や防災 安心安全な街の実現 災害情報をリアルタイムで取得・発信し、迅速な避難・復旧を実現

金融 キャシュレス社会を実現し、取引をデジタルで完結

もっと細分化も出来るが、イメージはこのような項目である。

スマートシティーの取り組みは主に、2種類に分けられる

一つは市区町村などが主体となる。行政主導型

(対象エリアが広域 住民に広く薄く先端技術を供する形になる)と

もう一つは、

地区街区の運営協議会などが実施するエリアマネジメント型だ

(エリアが狭く関係者も限られるため、さまざまな取り組みを集中的に行うことが可能だ)

関係府省がそれぞれの事業を通じて各地の取り組みを支援している。

これは、実態に本当に即して、積極的に支援できているのか、問題が無いのか、その問題の解決

方法などと、陥りがちな日の当たらない状況をいかに、白日の下にさらせるかが肝心である。

総務省が、データーの活用

経済産業省・国土交通省が、新たな交通システムの視点を重視した事業を実施。

政府は、いろいろな成果をまとめたガイドブックを公表している。

構築は世界各国でで活発だ。

シンガポール

シンガポールは、国家的に取り組んでいる。大きな特徴は、住民のデーター管理とアプリによる

住民サービスを、個別でなく共通のプラットフォームで運用している点だ。また、市民参画を

意識的に促している点も注目できる。

モノのインターネットやAI(人工知能)などの新しい

デジタル技術を活用して、モビリティ、住環境、ヘルスケアサービス、スマートハウス、

エネルギー、環境保護、公的サービスなど、市民生活にかかわるあらゆるサービスをスマート化

するプロジェクトを推進している。このうち、特にデジタル化と

スマートハウスの面で注目されるのが、

同国北東部のに位置するプンゴル地区で進められているプロジェクトである。

新デジタル技術を搭載した新街区の建設をスタートさせると発表した。

海沿いの50haの開発地区に、オフィスビル、住宅、大学、コミュニティスペース、商業施設など

を建設する。2020年1月から建設が始まっており、2023年には完成する予定である

中国 シンガポールと同様に政府の力が強い中国も、スマートシティー化を政府が主導

している。

フィンランド ヘルシンキ  デンマーク コペンハーゲン が有名。

福祉国家として歩んだ歴史から、個人のプライバシーが公共の福祉に使われることについて

市民の間にイン来が蓄積されているようだ。

都市部に住む世界の人口は、2050年に全体の70%に達すると予測されている。

都市部の過密が必至となる中で、いかに快適な市民生活を実現するかが重要になる。反対に都市部

以外は急速に人口が減少するため、公共サービスの維持が問題となる。こうした課題に対応する

ため世界の都市はスマートシティー化に注力している。話の締めとして、

日本の自動車会社トヨタが推し進める、計画に触れておこう。

トヨタ自動車の豊田章男社長は6日、静岡県で建設を計画するスマートシティー

「ウーブン・シティ」について、2021年2月に着工すると明らかにした。高齢者や発明家など

約360人が居住するという。

豊田氏は決算発表会見に登壇し、「富士山にちなみ、2月23日に着工するスケジュールで進んで

いる」と述べた。さらに当初の居住人数は360人程度になるとし、「高齢者や子育て世代といった

社会課題を抱えた人と発明家が一緒に住み、社会課題に向けた発明をタイムリーに起こしたい」

と狙いを語った。

スマートシティ構想の実現に向けて、トヨタは幅広く連携する

としており、豊田社長は「3000程度のパートナーに応募頂いている」と明かした。

トヨタはウーブン・シティについて「人、建物、クルマなどが情報でつながる実証都市」

掲げている。

ウーブン・シティを担当するグループ会社の登記簿には、幅広い事業が記されている。会社の

「目的」の項目には、自動車や船舶、宇宙機器の開発や販売と書かれている。さらに医療用機器

や建築用部材の開発、不動産売買、運送業、翻訳業、クレジットカード業や金融業、保険代理業

まである。

将来が想像できそうな記述もあった。

「駐車場、ショールーム、教育、医療、スポーツ、マリーナ、飛行場、飲食、宿泊、売店などの運営および管理」。そして、「バイオテクノロジーによる農産物・樹木の生産」

プロジェクト関係者は「特に、農業は社長の肝いりの計画だ」

とする。とある。良いサンプルが早く出来上がることを祈っている。

過疎の地域をどうするのか、その過疎な農地での収穫と配送をどうやってまとめるのかなど

問題は山積であるし、お金がかかる。と言って放置できる時間はない。

希望を持って進めるように、ここは政治の力量に期待する。

というのは、馬鹿にしすぎかな!

タイトルとURLをコピーしました