メラノーマ メラニン色素を作る細胞のがん 罹患率上昇 早期発見

すきま!ためになる記事

       リンクを貼ります。メラノーマ

メラノーマとは、悪性黒色腫という非常に悪性な皮膚がんの1つの病名です。 一般的には「ほくろ

のがん」「ほくろのような皮膚がん」などと理解されています。 医学的には皮膚の色に関係する

メラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍と考えられています。

年々罹患率が上昇しています。この、メラノサイトが存在する脳や網膜、膣などでも発症するとい

うのです。これは、ほくろに似ていますが、区別するポイントがあります。

  1. 顔のシミと間違えやすいのは基底細胞がんとメラノーマの2種類
  2. 私たちはつい顔の「シミ」や「ほくろ」に注目しがちですが、    メラノーマは顔よりも手足(手のひらと足の裏)に多く発生します
  3. メラノーマは、できやすい部位や形態などにより主に次の4つのタイプに分けられています
    1. 足のうらや手のひら、手足の爪部(正確には爪下部)などに発生しやすく、全体の約30%の発生があり、日本人に最も多いタイプです。
    2. 胸・腹・背中など体の中心部や手足の付け根に近い部位に発生しやすく、白色人種や日本人でも肌の色が白い人に発生が多いタイプです
    3. とくに部位は関係なく、結節のようながん細胞の塊がだんだん大きくなってくるタイプです。結節のまわりには通常、色素斑(染み出し)がみられません
    4. おもに高齢者の顔面に発生しやすく、不規則な形の色素斑(しみ)が徐々に拡大してくるタイプです。時間がたてば色素斑の中央に結節が生じてきます
  4. 悪性黒色腫(メラノーマ)の特徴、疑うポイントそして治療法
    1. 形:ほくろは円形や楕円形であるのに対し、メラノーマは整った形をしていない
    2. 境目:ほくろはくっきりしているのに対し、メラノーマはギザギザ、ぼんやりしている
    3. 色:ほくろは均一であるのに対し、メラノーマはむらがある
    4. Related Posts

顔のシミと間違えやすいのは基底細胞がんとメラノーマの2種類

顔にできるシミやほくろ皮膚がんの区別は、「シミ」や「ほくろ」の大きさ、色むら、形、病変

の隆起の程度が目安になります。通常のシミの場合でも2~3㎝程に広がることはときにあります

が、形がいびつであったり、色むらがあったり、普段と異なる形状になっていたりする場合は、

早めに専門医に相談してください。また、

私たちはつい顔の「シミ」や「ほくろ」に注目しがちですが、    メラノーマは顔よりも手足(手のひらと足の裏)に多く発生します

足の裏などに発生する皮膚がんは日光とは無関係にできるがんであり、このふたつは分けて考える

必要があります。

メラノーマとは、通常、がん細胞がメラニン色素を多量に産生している場合が多く、そのため黒色

を呈することが多いため、黒色腫と呼ばれますが、メラニン色素の産生程度により、褐色~茶色

などを呈するものも存在し、きわめてまれにメラニンをほとんど産生しないメラノーマがあり、

常色~淡紅色を呈することもあります。

メラノーマは、できやすい部位や形態などにより主に次の4つのタイプに分けられています

足のうらや手のひら、手足の爪部(正確には爪下部)などに発生しやすく、全体の約30%の発生があり、日本人に最も多いタイプです。

胸・腹・背中など体の中心部や手足の付け根に近い部位に発生しやすく、白色人種や日本人でも肌の色が白い人に発生が多いタイプです

とくに部位は関係なく、結節のようながん細胞の塊がだんだん大きくなってくるタイプです。結節のまわりには通常、色素斑(染み出し)がみられません

おもに高齢者の顔面に発生しやすく、不規則な形の色素斑(しみ)が徐々に拡大してくるタイプです。時間がたてば色素斑の中央に結節が生じてきます

国内で、メラノーマと新たに診断される人は、年間で100万人当たり10~20人とされます。

若い人でも発症しますが、60歳以上に多く発症します。

進行した場合、5年間の生存確率は約10%とドキッとするほど、低いのです。皮膚表面=表皮

で早期に発見できれば、命を落とすことはありません。

私たちの全身を覆う皮膚は、暑さや寒さを感知したり、外部からの刺激や細菌の侵入から身体を

守ってくれる大切な臓器です。皮膚は常に外部にさらされており変化には敏感といえますが、

一方で、皮膚の異変を放置することで症状が進行してしまうことも少なくありません。特に高齢

となった方は、何かあるればすぐに対応を取ることをお勧めします。

 発症頻度が年々増加しているといわれている皮膚がんには、比較的おとなしい性質のものから

悪性度の高いメラノーマまであります。内臓のがんと違い患者さん自身が目視できる皮膚がんは、

本来早期発見がしやすいはずです。そのためにはどのような見かけのものががんの可能性がある

のか、あるいはどのタイミングで皮膚科を受診すべきか等を知っておくことはとても大切です。

最後にもう一度

悪性黒色腫(メラノーマ)の特徴、疑うポイントそして治療法

形:ほくろは円形や楕円形であるのに対し、メラノーマは整った形をしていない

境目:ほくろはくっきりしているのに対し、メラノーマはギザギザ、ぼんやりしている

色:ほくろは均一であるのに対し、メラノーマはむらがある

要点を押さえて、対処すべきはすぐに行動をとりましょう。



 




タイトルとURLをコピーしました