丸亀製麺・モスバーガー4月1日に価格を改定 値上げ実施 

すきま!ためになる記事

リンクを貼ります。消費税込みの支払総額表示

外食チェーンが苦渋の値上げ コロナ禍のコスト増を吸収


 4月1日から消費税込みの支払総額の店頭表示が義務化されることにあわせ、ハンバーガー

チェーン「モスバーガー」や、うどんチェーン「丸亀製麺」は4月1日に価格を改定。

新型コロナ禍で上昇したコストを価格に反映させる値上げに踏み切る。

ただ、価格改定は消費者離れを招く懸念もあるだけに、各社にとっては苦渋の決断だ。

「商品とサービスの品質維持のため、メニュー価格を一部変更させていただきます」今月に入り、

モスバーガーの一部店舗には、値上げを知らせるこんなお知らせが張り出されている。

 モスバーガーを展開するモスフードサービスは4月からの税込み価格表示の義務化を受け、

「本体価格+税」の価格表記を廃止。これに伴い持ち帰りと店内飲食の税込み価格を一本化し、

全メニュー116品目のうち70品目を値上げする。

 4月からの税込み価格は「モスバーガー」が390円。現在の持ち帰り時の税込み価格

(370円)と比べると20円の値上げだ。70品目の値上げ幅は10~50円で、今年2月の

販売数量に基づく試算では2%の増収になる。 また、

丸亀製麺も4月から地域・期間限定の商品を含めた全商品のうちの約25%の商品で10~30円の値上げを行う

創業以来の看板メニュー「釜揚げうどん」など基幹3品は据え置くが、改定効果で1~2%の増収

が見込まれている。

4月1日からの税込み価格表示に合わせた値上げの背景にあるのはコロナ禍に伴う消費行動の

変化だ。モスバーガーは値上げの理由について「コロナ禍で持ち帰り販売比率が高まり、レジ袋

など包材コストも増加。原材料費や人件費の高騰の中で自助努力での吸収が難しくなった」

と説明。丸亀製麺を運営するトリドールホールディングス(HD)は「店内で客席の感染対策や

持ち帰り客の対応をするスタッフを新たに配置したため、人件費が増えた」とする。

値上げのスタート時期は遅くなるが、はまなるは5月19日「かけ(温)」を値上げすると発表した。

小は税別150円から220円、中250円か320円、大350円から420円とする。この70円はかなり大幅

な値上がりであり、あまりに段階的に見て大きすぎる。客離れを誘発すると思われる。

これまで、おいしい讃岐うどんを日常食として気軽に食べてほしいという思いにより、「かけ」

(小)を150円(税抜)で提供。しかし、昨今のマーケットや飲食業界を取り巻く環境の急激な

変化で、企業努力のみでは現行価格で提供を維持することが困難なため、価格を改定する。


しかし、ただでさえ値上げ感が出る税込み価格表示と、コスト吸収のための値上げを重ねること

は企業側にとっては苦渋の決断だ。

回転ずしチェーンのくら寿司は「1皿100円」を売りにしていたが、4月以降、看板の表示は順次「1皿100円(税込み110円)」に切り替える。

回転ずしはコロナ禍でも好調を保ってきたが、「顧客のイメージは変わるかもしれない」(同社)

とそうとうの懸念を表明している。

串カツチェーン「串カツ田中」は3月24日にメニュー全体の約9割を税抜き価格ベースで平均約10円値上げ。

 付加価値の向上を目指した揚げ衣の変更で原材料費が上昇したのが理由だが、

社長は「本音を言えば本体価格だけを(メニューに)出したい」と漏らす。 一方、大手企業の中

ではカジュアル衣料品店「ユニクロ」のように税込み価格表示義務化を前に値下げを決断した

ケースもある。価格を改定しない企業も多いことを踏まえ、企業にとって価格設定は重要な戦略

のひとつ。消費者の反応や競合する他社の動向も踏まえながら試行錯誤をしていく形になる

とみている。ようだ。様子を見ながら、臨機応変に対応するのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました