住宅 こだわる対策 いろいろ 絶対に譲れないポイント あれこれ

引っ越し・住まいに関する記事

       リンクを張ります。住宅 こだわる対策

こだわる対策の5項目としては

寒さ対策 

四季の移り変わりによる温度差が大きい日本で家を建てるなら、家の中を一年中快適

に保ち、冬暖かく夏涼しく過ごせることが大切と言えます。

両世帯ともリビングを南向きにしました

二世帯住宅を建てました。ハウスメーカーからは最初、親世帯のリビングが南側で我々子世帯の

リビングは北側というプランを提案されたのですが、「日当たりは譲れない!」という要望を伝え

、世帯を上下に分けて両世帯のリビングが南向きになるようにしました。いざ住み始めてみると

北側はやっぱり冬寒いので、今の間取りにして正解だったなと思っています。いろいろな状況の

違いはあれど、この日当たり考慮のリビング南向きは当然です。

夏の日差し対策に深い軒をつくりました

採光や冬の暖かさを考えて南側に大きな窓を設けたのですが、夏の日差しが入りすぎないように

深めの軒をつくっていただき、またブラインドも設置しました。実際住んでみると、夏も暑くなり

すぎず快適です。

窓に深い軒を設置することで、太陽高度の高い夏には日差しを遮り、太陽高度の低い冬には上手に

日差しを取り入れることができます。このように、自然エネルギーを活用し快適な住環境をつくり

出す設計手法のことをパッシブデザインと言います。

断熱性・気密性を重視しよう

一戸建ては木造、マンションは鉄筋コンクリートなので、一戸建ての方が寒くなりがちです。

一戸建てにするなら、断熱性・気密性を重視しましょう

暖かい家を建てるための2つのポイント

暖房効率の悪い間取りに注意

一戸建ては、スキップフロアや吹き抜けのような、開放感のあるつくりにできるのが魅力。

一方で、工夫をしないと、暖房効率が悪くなってしまうというデメリットも。

開放感のある家にしたいなら、床暖房を設置する、日差しをたっぷり採り込める窓の配置にするな

ど、間取りを工夫しましょう。

性能のよいサッシやガラスを取り入れる

窓辺は、もっとも暖気が逃げやすい場所です。

そのため、窓辺の断熱性・気密性を高めることが重要です!

耐久性と断熱性を兼ね備えたアルミ樹脂複合サッシや複層ガラスなど、性能の高いものを取り入れ

るのも効果的

寒さを防げるだけでなく、耐風性・遮音性の効果も得られるなど、メリットがたくさんあります

洗濯のしやすさを意識して設計しました

家族が多く毎日大量の洗濯物を干すため、洗濯機とベランダを同じ階にし、また距離もなるべく近

くなるよう設計しました。毎日1階の洗濯機と2階のベランダを往復していた前の家と比べて格段に

楽ですし、老後のことを考えてもこのような間取りにしてよかったなと満足しています。

今回の事例のように、家事動線を考慮し洗濯機とベランダの距離を近くすることで、日々の家事負

担を軽減させることができます。

すべての部屋からベランダに出られるようにした

2階にあるすべての部屋からベランダに出られるような間取りにして、いつでも気兼ねなく

ベランダに出られるようにしました。家族が寝ている時間でも気にせずサッと洗濯物を干したり、

観葉植物の手入れをしたりできるのでおすすめです。

ベランダに出入りする部屋を一つに限定してしまうと「その部屋に家族がいると、なんとなく

ベランダに出入りしにくい」といった不便が生じることがありますが、この事例ではベランダへ

出入りする際の動線がしっかり考えられていることがわかります。

ウォークインシューズクロークに扉をつけました

玄関横にウォークインシューズクロークのスペースを取り、さらに引き戸をつけました。家族か

らは「開閉が面倒で使わなくなるのでは」と言われましたが、いざ住んでみると、来客時にさっと

目隠しできるのでとても助かっています。

水まわりの失敗をしない

従来、洗面所と脱衣室は同じ空間であることが当たり前でした。

しかし生活スタイルが多様化している現在、誰かが入浴している時は洗濯機や洗面台を使えないな

どの不便が生じることで、「洗面所と脱衣室を分ければよかった」と後悔するご家庭が増えてい

ます。このほか、トイレを玄関付近に配置したことによる失敗も多く見られます。ドアを開けたら

玄関からトイレの中が丸見えだったり、排せつ音や流水音が玄関まで丸聞こえだったりと、トイレ

の配置は意外と難しいのです。

実は項目を挙げれば、5が10でも、あるのですが、今回は失敗が多い、気を付けなくてはならな

い項目から、絞りました。なかなか、広さと予算もあり、そして家族構成もありで、全て思いどお

りなどは出来なく、ゆずれない部分を自分なりにピックアップするしかないのです。そうすると、

あまり斬新な自分だけのマイホームというものを建てることは出来なくなってしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました