俺のおたる 出身地 スキーの思い出と惨めなゴルフの思い出

昔のおもしろ話

華麗なるスキーの思い出 誰も知らないのでここでは言えます

スキーの思い出

おたる天狗山スキー

小学校低学年のころ、小樽に住んでいたので学校の必修でスキー授業があった。でもスケートは

授業でやらなかった。道東はスケートオンリーでもないだろうが多い。

やはり、帯広・釧路はマイナス気温が多く、雪が多く降るというより、バリバリに凍るという

イマージが強い。

帯広 スケート

釧路 スケート

 

近所の仲間たちとの遊びで、その感覚というかセンスは、既に獲とく状態。

より上手く格好のいいやつがいる

問題がなかったが、より上手い格好いいやつがいて、これが悔しくて練習をした。

自分のすみかの裏はこんもりとした山。なんたって、なんたって小樽手宮は坂の町だもの。

この山には、肥溜め(こえだめ)の穴があり、その地獄に落ちたやつは何人か見た。が助けること

など出来なかった。申し訳ありません!

視点が違うとまるでその意味は違う ここを分かっているかが重要だ

自分で山の上まで登り、何度も納得のいくまで、練習をした覚えがある。これが良い運動となる。

右に曲がりたければ、意識を右に、左も同様。という感じまではきて

少しは様になっているだろう。と思い自分では満足出来たんだけれど、誰も称賛してもらえず

いろんな場面があったが、上手とかうまいねとか言われたことがない。

やっぱり、視点が違うとまるで違うのだ。ここを分かっているかが重要だ。

一応、スキー場の上から下まで転ばずにおりてくることができる。という状態。

子供との思いで 大きなスキー場へ連れて行ってあげた

子供にも経験させようと、忘れもしない1回だけ大きなスキー場へ連れて行ってあげた。

喜んだネ。夢中で滑ろうとする。転んでもすぐ起き上がりまた始める。

どこの山に行ったのかすっかり忘れてしまった。家族が一緒の時に、何かの会話の折に、おくさん

にそれとなく聞いておかなければならない。

2人は夢中だったとの印象だけは忘れられない

上と下二人で夢中だったとの印象だけは忘れられない。経済的に何度もつれてって

あげれなかった。そんな二人は、ウインタースポーツでスキーに行ったことがないようだ。

出来れば孫でも連れて、スキーへとも思うけれど、なんとも流行りすたれでは、今はスキーは

とんと人気がない。

やっぱり、暖かなところで、マリンスポーツのほうが良いのかな。何処かで華麗な姿を見せて

やろうと企んでいたが、無理をすると足をくじいたり、ねんざ、骨折と良い展開はないようだ。

 

なんでもそうだが繰り返し練習するしかない

上手になるには、まー、なんでもそうだが繰り返し練習するしかない。やはり回数をこなして

ある領域までくると、ちょっと違う感覚がやってくる。これは勉強もそうなんだが、

気付くのが遅い。

何でもかんでもは出来ないにしても、いろいろと学ばなくてはいけない。ただ興味だけではなく、

何が大きな助けとなってくれるかは、わからないものだ。

屈辱のゴルフ

ある領域までは、あきらめないで進んでみることが大事であると思う。

といいながら、ゴルフもやったことがあるけれど、練習にも行ったけれど

旨くなるどころか、とんでもないありさまとなり、

言いたいところの領域となる前に、あきらめてやめてしまった。歴史がある。

それは惨めなコンペでの辛い時間だった。プレイ代を支払い、人の倍まで歩き

ほとんどフェアウエイを歩くことなく、ボールを無くし、池に沈め、キャディに

しかとされ、くたくたとなって、どこにもぶつけることの出来ない怒りに

やめてやる!と冷静さを無くして、出来る唯一の決定を下してしまうのである。

とにかくあきらめてしまってはいけないということで、それまでがもったいない。

地獄のように下手でも、やり続ける。とにかく続ける。

凡愚な自分の、最後の砦

凡愚な自分としては、これがやはり最後の砦なのである。と思って踏ん張っていたら、今度は

打った球が、横に飛んで行ってしまった。ありゃー!これは駄目だ。いい加減にしないと、

大けがをさせてしまう。いや人を殺してしまうぞ。と思った。あえなく、情けなく、

きっぱりと足を洗うことにした。

なんだか、なんでもやり抜いたことのない自分の人生だが、このブログも、ほんとに一歩一歩

やらせてもらっていますが覚えることが多く、複雑でわからない。

勉強が足りないので、まだまだですが、着実に前へ前へ進んでいきます。これからもいろいろ発信

いたしますので、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました