更年期障害 やはり深刻なのは女性か 苦しんでおられる方が多い ほんのさわりを紹介

すきま!ためになる記事

    詳しいリンクを貼ります。女性の更年期症状

多様な更年期症状

女性は年齢とともに4つのステージ(思春期・性成熟期・更年期・ 老年期)を経験します。

個人差は大きくあるのですが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間

(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”と呼んでいます。

年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少する

ことでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人もいますし、決して少な

くありません。ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、心理的な要因(仕事や家庭

環境など)も複雑に関与するため、個人差が激しく、全身のあらゆる箇所にあらわれます。

日本人の更年期女性にみられる不定愁訴として肩こりや疲れやすさが多く報告されています。

更年期症状特有ののぼせ、発汗などといった症状も25%以上の女性にみられています。

これをみると、更年期女性はエストロゲンの急激な低下の影響を受け、何らかの形で症状が出てい

ることがわかります。

更年期障害の発現因子

更年期障害の発現には、加齢やエストロゲンの欠乏といった身体的ストレスに加えて、性格などか

ら由来する心理的因子、仕事や家族関係(家庭環境)などに起因する社会的因子が重なって関与し

ます。更年期障害は一種のストレス性疾患とも考えられています。

更年期の原因

更年期症状の原因について、症状に個人差があるのは、その人の性格・気質やおかれている環境に

左右されるためですが、大きな原因は加齢に伴う身体的な変化であるといわれています。

月経の仕組み

更年期の変化を理解するためには、月経のメカニズムと2つの女性ホルモンの関わりに関する知識が必要です。

卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。

エストロゲンの働きで、子宮内膜が厚くなり受精卵の着床準備をします。

子宮内膜が厚くなると下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)という

性腺刺激ホルモンが急激に放出されます。

排卵直前にはLHが通常の数倍のピークをつくることにより、排卵がおこります。

排卵後の卵胞は黄体となりプロゲステロンが分泌され、受精卵の着床のための環境をつくります。

着床しなかった場合、黄体は萎縮し、子宮内膜は剥がれ落ちます。

これが月経です。更年期を迎えると卵巣機能は低下する為、若い時と同様にエストロゲンを分泌

できなくなります。

そのことによってホルモンバランスが保てなくなり、起きる体の症状が更年期症状です。

女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令により卵巣から分泌されます。

視床下部はさまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、体温調節や呼吸、消化機能

の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンター。ところが、

卵巣の機能が衰えると、脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されません。

すると、脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、異常な発汗、イライラ、

めまいなどの症状があらわれるのです。

女性ホルモン様作用が認められた「エクオール」

更年期を迎えると、女性ホルモンの減少を食い止めることはできませんが、自分に合った対策を

上手に行うことで、その症状をやわらげることは可能です。

そのひとつに、女性ホルモンに似た働きをする成分“エクオール”を摂取するという方法が注目され

ています。エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインの代謝物。

これが女性ホルモンに似た働きをするといわれています。エクオールを1日10㎎摂取することで、

更年期症状の改善、骨粗しょう症の予防、女性のメタボ改善など、様々な効果があることが研究

発表で報告されています。

更年期の症状

精神神経系の症状

頭痛 更年期症状と関連する頭痛として代表的なものには


❶ 片頭痛 ❷ 緊張型頭痛の2種類があげられます。

めまい 脳の障害による「中枢性めまい」と内耳や神経の障害による「末梢性めまい」は「前庭性

めまい」に、さらに更年期によるめまいは、「非前庭性めまい」に分類されます。

不眠 

不眠のタイプは大きく以下の4つに分類されます。

  • 【入眠障害】就寝後入眠するまでの時間が延長し、寝つきが悪くなるもの
  • 【中途覚醒】入眠後、翌朝起きるまでに何度も目が覚めるもの
  • 【早朝覚醒】通常の起床時間より2時間以上早く目が覚め、再入眠できないもの
  • 【熟眠障害】睡眠時間は十分であるにもかかわらず、深く眠った感覚が得られないもの


不安感 更年期の症状としてよく表れる症状のひとつに、不安感があげられます。
特別な理由も無く暗い気持ちになったり、以前は興味があったものに関心が無くなったり、
不安で落ち着きが無いといった症状が出現します。

イライラ感 更年期になると、以前は気にしなかったことやちょっとしたことにイライラしたり、怒りやすくなるなど、感情のコントロールが難しくなることがあります。

うつ 更年期の症状として、うつ症状や不安症状が出現します。

  • 物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない
  • 気分が落ち込む、憂鬱になる、または絶望的な気持ちになる
  • 疲れた感じがする、または気力がない
  • 自分自身あるいは家族に申し訳ないと感じる
  • 寝つきが悪く途中で目が覚める、または逆に眠りすぎる
  • あまり食欲がない、または食べ過ぎる
  • 動きや話し方が遅くなる、あるいは反対にそわそわしたり落ち着かず、ふだんよりも動き回る

血管運動神経系の症状

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ) 

閉経前から多くなり、女性の6割程度が経験するといわれ、そのうち日常生活に支障を来すほど

重症になるのは1割程度と考えられています。症状としては、2~4分間持続する熱感と発汗を

自覚し、脈拍が増加します。ほてりや発汗は顔面から始まり頭部・胸部に広がります。

顔面のほてりや発汗のみの場合もあります。


動悸・息切れ 一般的な運動後の動悸と違い、激しく体を動かしたわけでもないのに突然胸がどき

どきすることがあります。場所やシーンも問わず寝ているときに症状が出るケースも。

また、呼吸がしづらく息切れを起こしたりします。


寝汗・発汗 寝汗(発汗)も「ホットフラッシュ」同様、血管運動神経症状の1つで、更年期の代

表的な症状です。ホットフラッシュは実際には昼間だけではなく、夜間も同じように起こるため、

睡眠時にほてりや発汗が起こります。就寝中に起こった場合、何度も目覚めてしまい、ひどい場合

は睡眠障害となるおそれもあります。


むくみ 血液やリンパの流れが悪くなると、細胞と細胞の間に水分と老廃物が溜まり、むくみと

なって現れます。更年期になるとむくみが出やすく、また、冷えのひどい人はむくむことが多い

と言われています。

皮膚・分泌系の症状

のどの渇き 更年期には、喉や口が異常に渇くことがあります。ドライマウスは唾液の分泌量が

減少し、口の中が乾く状態ですが、口の渇きが喉の渇きに関わるとも考えられます。

ドライアイ 更年期になると、眼精疲労が起こりやすく、また、ドライアイもこの時期に多くな

ります。ドライアイは、眼の表面を覆う涙の膜が途切れやすくなり、表面の粘膜が荒れた状態に

なります。涙の量は、パソコン、テレビ、携帯の画面の凝視、ストレス、夜更かしなども関わって

います。

消化器系の症状

吐き気  更年期による吐き気は、個人差はありますが、長期間、頻繁に感じる人もいます。


吐き気は前触れなく、突然催し、嘔吐してしまう場合もあります。


下痢・便秘 器質的な疾患がないにもかかわらず、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘が慢性的に

繰り返される場合は、過敏性腸症候群というストレスからくる病気の可能性もあります。

胃もたれ・胸やけ 胃がもたれたりむかつきを感じるといった症状や、胃の痛みや吐き気などを感

じることがあります。

運動器官系の症状

肩こり・腰痛・背中の痛み 肩周辺が痛んだり、こわばったり、だるくなったりする症状で、肩だ

けでなく首から背中にかけての部分にも症状が表れやすくなります。有症率は女性に多く、中高年

層に発症頻度が高いとされています。


関節痛 最初は関節が鳴る程度から始まりますが、肩・手指・膝などの関節痛やこわばり・腫れ、

また皮膚を蟻が這うような感じ(蟻走感)を訴える場合があります。

しびれ 女性ホルモン(エストロゲン)が不足すると血流を調節している自律神経が影響を受け、

血の巡りが悪くなって手足がしびれる症状が出る場合もあります。

手指の痛み・しびれ・変形 手指の関節の腫れ・痛み・しびれ・変形が第一関節に起こることを

「ヘバーデン結節」、第二関節に起こることを「ブシャール結節」といいます。

結節とは骨のコブのことで、手指の関節が腫れて痛むだけでなく、粘液嚢腫(ミューカスシスト)

と呼ばれる水ぶくれが現れることもあります。症状には個人差がありますが、関節軟骨の摩耗や

関節の隙間が狭くなり徐々に骨が変形していきます。上記症状のため、指の動きが悪くなったり、

強く握ることが困難になったりして、日常生活が困難になることがあります。

泌尿器・生殖器系の症状

月経異常 月経異常(生理不順)とは、「正常な月経の範囲外にある状態」をいいます。


一般的に正常の月経周期は25~38日、持続日数は3~7日、月経時の血液量の正常な範囲は20~

140mlと言われています。

尿失禁 自分の意思とは関係なく尿がもれてしまい、いくつかのタイプに分類できます。

腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁・過活動膀胱(OAB)・混合性尿失禁などです。


性交痛 膣の粘膜が弱くなって分泌物が減少するので、性交時に痛みを感じたり、出血を起こすこ

とがあります。女性のQOLを激しく低下させたり性生活に支障を来すことがありますので、更年期

の重要な症状のひとつに位置付けられます。

更年期の対策

食生活でケア 栄養のバランスを保つ「〇〇さえ食べていればよい」というような魔法のように体

に良い食べものを検索し、期待しがちですが、改めて健康に必要な栄養素を確認していくと、バラ

ンスよく食べることが、いかに重要であるかがわかります。

運動でケア ウォーキングを中心とした有酸素運動やヨガでも効果があったという結果が出て

います。

病院クリニックでケア エストロゲン欠乏によるのぼせ、ほてり、発汗、性交痛などの症状はも

とより、気分の変調や関節痛など更年期以降の様々な症状を改善するなど幅広い効果が認められ、

QOLの向上にも大きな貢献が期待できます。

サプリメント・市販の医療品でケア 女性ホルモンの働きを助ける成分にはいくつかの種類があ

るため、自分に合ったサプリメントを選んでみましょう。

香りでケア アロマセラピーでは、更年期障害に対して、エストロゲン様作用を持つ

エッセンシャルオイルを用いると良いようです。

簡単に、整理をして大切なところをピックアップしようとしましたが、深く長くなりました。

今度はもう少し詳しく、掘り下げて役に立つ情報をお届けしたく思います。

タイトルとURLをコピーしました