有毒生物原因死亡者数国内ワースト1位 熊?蛇? それはハチです

すきま!ためになる記事

    リンクを貼ります。有毒生物原因死亡者数

日本最強の殺人生物は、クマでも毒ヘビでもなく、ハチ!

日本で、野生動物が原因の死亡事故で最も多いのはハチ。ハチの毒自体で死に至ることはないが、

重度のアレルギー症状でアナフィラキシーショックを引き起こすことがあるためだ。

ハイキングや山菜採りや渓流釣りなど、レジャーのために山に入る機会が多い季節。「山で出会い

たくない動物は?」と聞かれたら、多くの人が「クマ」と答えるのではないだろうか。

100キロ前後の巨体に、鋭いカギ爪で襲い掛かられるなんて、考えただけで恐ろしい。環境省の

まとめによると、2008~18年度の11年間に

国内でクマに襲われて死亡した人は22人で平均すると毎年2人が死亡している

実は、クマ以上の殺人動物がハチである。厚生労働省の人口動態統計によると、2008~18年

の11年間でハチに刺されて死亡した人は191人に上り、年平均では17人強となる。毒ヘビや

サメなどを原因とする死亡事故はクマよりもさらに数が少ないため、国内ではハチが最強の殺人

生物なのだ。

人間を攻撃するハチは、主にアシナガバチ類とスズメバチ類 特に、スズメバチは攻撃性が高いとされる

ハチの毒は微量で、それが直接の死因になることはないが、一度刺されると

ハチ毒に対する抗体ができ、2度目に刺されると、激しいアレルギー症状(アナフィラキシー

ショック)で血圧が急低下し、呼吸困難や意識障害によって短時間で死に至ることがあるのだ。

ハチによる死亡事故が多いのは、本当はハチがクマよりも強いわけではなく、

人間とハチの生活域が近接しているためでもある

ハチに刺されないためには、巣を見つけてもむやみに近づかない。

ハチは黒いものを攻撃する性質があるため、野山に行く際には、白っぽい服装で、黒髪の人は帽子

をかぶることが大切。また、ハチと遭遇して、慌てて手で払いのけようとすると、警戒フェロモン

が発散され、瞬時に興奮したハチが集まってくる恐れがある。走らず、騒がず、静かに身を低く

してゆっくり後ずさりしてその場を離れることが、身を守ることにつながるという。

万が一、ハチに刺されたら、毒を絞り出しながら流水で洗い、腫れや痛みがひどい場合には病院を

受診する。特に、スズメバチの場合は、注意が必要。

とりあえずの応急処置手順 わかっておくことが重要

刺された場所から移動

刺されたら、被害が重ならないように、すぐにその場から離れること。ハチの巣などがすぐ近くに

ある可能性があり、また何度も刺されてしまわないように、その場を離れてください。

残った針を取る

刺された個所を確認してください。ミツバチの場合、針が傷口に残ります。手でつままぬように

デコピンで弾き飛ばしてください。これは、のこっている毒を入れないためにします。

流水で絞り洗い

刺された個所を水で流しながら、指で挟み、絞り洗いをします。出来れば、5分以上流すようにし

てください。ハチの毒は、水に溶ける性質を持っているため、洗い流すことで、毒を薄める効果が

期待できるほか、冷やすことで痛みや腫れの軽減にもつながります。

昔は、尿をかけてアンモニアを利かすなどということが言われました。が今は根拠がないことが

分かっています。子供の頃には、そうして対処した思い出があります。

氷や保冷剤で冷やす

とにかく冷やして腫れを抑制しましょう。氷などすぐにはない時には、自動販売機のジュースが

よく冷えていて大きな効果を発揮することがあります。

応急処置後は、安静にして体調の変化を見ます。何でもかんでも病院でもありません。

誰かいなければ、判断と言っても、難しい限りとは思います。刺され方、回数、症状の程度は

変わります。刺された箇所とその周囲は赤く腫れ痛みが伴う局所状況は普通のことです。

大騒ぎしても、どうしようもありません。市販の虫刺され薬(抗ヒスタミン軟こう)を付ける

ことで、症状の改善が期待できますが、腫れや、痛みがつらい時はむりせず、内科や皮膚科

アレルギー科を受信することをお勧めします。

気を付けるべきは、毒へのアレルギーが全身に出るケース

これが重症化しショック状態になるアナフィラキシーショックだと命にかかわります。

全身症状といっても、めまいや息苦しさを感じたり、体のあちこちに、じんましんや腫れが出た

りと、具体的な症状はさまざま。

注視すべきは刺された場所以外に、異変がないか

一般的には、1時間内には発症することが多いですが、早ければ、刺されて1分以内に症状がでる

ことも。刺された場所以外に、異変が出れば、躊躇なく救急車を呼びましょう。

ここで大事なポイント アナフィラキシーショックの誤解

に触れておきましょう。

スズメバチに2回以上刺されると、アナフィラキシーショックになる可能性がある。

間違いではありませんが、誤解があります。2回目以降のほうが出やすいのは事実ですが

初回では大丈夫ということはありません。1回目でなることもあります。また、スズメバチ以外

ミツバチやアシナガバチでも可能性はあります。

食物アレルギーと同じように、量によって症状が変化する場合がある

ハチの毒のその量によって、症状が違ってくるのです。何回も刺されれば、毒の量は多くなり

ます。

現象には必ず理由あり

例えば、ハチの巣がある直ぐ近くに、ベンチがあり、そこで甘いにおいの強烈なジュースを飲み

分分とうるさいと手を振り回していたら、ハチにもろに当たってしまった。など。

巣の近くに近づかないこと ハチを振り払わないこと

知らないことではあると思いますが、ハチが多いと思ったら、そこは危険な処です。

ハチは臭いには敏感です 香水などの匂いがきつのも危険

香水、シャンプーアルコールは要注意。臭いに注意を払いましょう。

色 黒色は危険

ハチが攻撃態勢に入ったときに、最初の的になりやすい色と考えましょう。

野外での、動きがる場合、こうした色の濃い服装は危険です。分かっておかなくてはいけない

事柄です。

以上何でもないときは、ナンセンスというようなことが、大きな引き金になります。

良く分かっておいて、自分も、大切な方を守るにしても十分に気を付けてまいりましょう。

タイトルとURLをコピーしました