死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい やってみよう!

すきま!ためになる記事

 リンクを貼ります。死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい

お腹の冷えを解消する方法

上腹部(お臍の上側)には胃などが、下腹部には腸や子宮・卵巣、膀胱などが存在しています。

特におしっこが近い、便秘である、生理痛が強いなど、内臓の機能が低下していると思われる

場合は、体温よりも高めの温度で温めるとよいでしょう。

下腹部を温めることで、月経前の様々な症状が改善することを報告されているようです。

内臓、特に腸を温めるには、全身の血液の流れを良くして腸の血流を増やすことが大切

私たちの体内の温度は常に一定に保つ傾向があり、これをホメオスタシスと言います。

一定の体温を維持するために、体の中では基礎代謝や食事などによって熱が作られています。

基礎代謝とは、日中起きている時に体内で行われる、生命活動を保つために必要なエネルギーのこ

とです。その体内の基礎代謝によって作られる熱の半分が肝臓や腸、腎臓で作られていると言われ

ています。そのため摂取する食事、胃や腸の働きの低下などの影響で体内で作られる熱も少なくな

ります。このように腸は体内で熱を作る役割があり、栄養不足や偏食などの食事の影響や胃腸の働

きが鈍くなることで熱を作る量も少なくなるというわけです。体内の熱の産生に関わる胃腸の働き

を保つためにも、腸を温めることが必要になります。

腸が冷えるとさまざまな体のデメリットが生じる

腸が冷えると、血管や内臓の働きのバランスをとる自律神経の働きも乱れて交感神経が優位になり

、腸の働きも鈍くなります。そして、腸の働きが鈍くなることで便秘や下痢を引き起こしたり、腸

に存在する免疫に関わる細胞の動きも抑えて、細菌などから体をバリアする働きも弱まってしま

います。

腸の冷えには、冷たい飲食物や血液の流れの低下が関係する


「腸が冷える」とは、冷たい飲食物を摂ることで直接胃や腸が冷えてしまったり、全身の体の冷え

によって血液の流れが悪くなり内臓である腸の機能が低下することをいいます。

「腸が冷えた」と直接的に感じることは少ないかもしれませんが、冷たいものを食べたり、体全体

が冷えて腹痛や下痢を起こすことで「お腹が冷えてしまった」と表現しますね。

また、ストレスも腸の動きを低下させて冷えにつながる可能性があります。人がストレスを強く感

じると体が緊張して、自律神経である交感神経が副交感神経よりも優位になり、腸の動きが低下し

て冷えにつながります。

具体的に腸を温める方法をご紹介

温湿布や昔ながらの湯たんぽなどを使う温罨法(おんあんぽう)で、腸を間接的に温めることが

期待できます。温罨法とは、体の一部に温熱刺激を与える方法ですが、温かさは皮膚の表面だけに

伝わり、腸を直接温めることとは異なります。

しかし、腸がある下腹部を中心に温めると、温かさが皮膚に伝わり、皮膚を流れる血液の流れを良

くして、それが全身にも影響を及ぼします。温罨法では直接温めた体の部位だけでなく、一番冷え

やすい手や足先の皮膚に流れる血液の量にも影響を与えて、さらには腸の動きを高め、腸蠕動や

排便、ガスなどに関する症状を和らげることも指摘されています。

腹部のほかにも腰や背中を温める 交感神経や副交感神経である自律神経のバランスを整えるとされる

もし、湯たんぽや温湿布などが手元になければ、温かい蒸しタオルなどを使って腹部や腰・背中を

温めることもできます。ただし、温罨法では湯たんぽや温タオルの温度が熱くなりすぎないように

して低温火傷を防ぐ工夫が必要になります。

腸を温める方法を見てみると、日常生活でも少しの工夫で行うことができるものばかりです。

腸が冷えると、腸の働きが妨げられ、下痢や便秘など体にとってのデメリットも起こりやすくな

ります。そのような冷えを避けてより健康的に過ごすためにも、ぜひ腸を温める方法を参考にして

みてください。

冷たい飲食物を控え、体を温めるものを摂る


納豆やキムチなどの発酵食品も体を温める食べ物です。 ほかにも、ねぎやゴボウ、ジャガイモなど

の根菜類もおすすめで、温かいスープや鍋で摂取できるとより体も温まります。 一方で、アイスや

冷たい飲み物(ビールなど)、トマトやきゅうりなどの夏野菜、柿や梨などの果物、乳製品などは

内臓を冷やすと言われています。食物には身体を冷やす食べ物と温める食べ物があります。特に、

夏が旬となる食べ物や、土の上になる食べ物、例えばナスやトマトのような瓜類は身体を冷やしや

すい性質の食べ物です。冷たいものが体の中に直接入ることなどで内臓、そして腸を冷やしてしま

い、血液の流れが悪くなったり、代謝が低下してしまいます。

そこで、体を温める作用が期待できる食べ物を意識して摂ることをおすすめします

体を温める食べ物の代表としてよく知られているのが、生姜やニンニク、唐辛子を使った料理で

しょう。納豆やキムチなどの発酵食品も体を温める食べ物です。ほかにも、ねぎやゴボウ、ジャガ

イモなどの根菜類もおすすめで、温かいスープや鍋で摂取できるとより体も温まります。

骨盤の周りの筋肉を鍛える

内臓機能、特に子宮・卵巣・腸、棒鋼などの機能が低下している場合は、骨盤周りの筋肉である骨

盤底筋群を鍛えましょう。

骨盤底筋群の運動には、肛門に力を入れ、その状態を10秒くらい保つ運動を1日20-30回程度行う

のが効果的です。

適度な運動や体操で温める


適度な運動や体操を行うことで、筋肉が収縮して体内で作る熱の量を多くすることができます。

そして、全身の代謝を高めて血液の流れをスムーズにします。運動や体操を行う主な目的は、全身

の血液の流れをよくすることなので、無理に激しい運動を行う必要はありません。

特にに女性は男性に比べて体内の筋肉量が少ないため、熱を作りにくく冷えやすい体質です。

自分で熱を作る力が弱いことに加えて、一度冷えてしまうと温まりにくい脂肪も体に多くあること

で、体が冷えやすい傾向にあります。そうした傾向があることを踏まえながら、適度な運動や体操

をして筋肉を収縮させ、体内での熱を多く作ることができるようにしてみましょう。

また、外での運動だけでなく室内で軽いストレッチをしたり、骨盤の周りの筋肉を鍛える体操をし

たりするのもおすすめです。特に腸の動きを促すような軽いストレッチや骨盤周りを鍛える体操

などは、下腹部の血液の流れを良くすることが期待できます。

疲労やストレスを溜めない生活を心がける


疲労やストレスは内臓の冷えに影響を及ぼすことがあるため、できるだけ疲労やストレスを溜めな

い生活をすることも腸を温める方法の1つです。人はストレスを感じると、交感神経が活発になり

ますが、腸を含む内臓は副交感神経が優位な時にその働きが良くなります。そのため、ストレスが

ある状態だと内臓の血液の量が減ったり、血液の流れが滞ったりして内臓の働きを抑え腸の冷えが

起こることが考えられます。疲労やストレスを和らげるためには入浴を上手に活用する、睡眠を

十分にとることも大切です。入浴でじっくりと体を温めることで気分のリラックスを促し、さらに

十分な睡眠時間と質の良い睡眠を取ることが体の疲れを和らげることにつながります。

体を冷やす服装を避ける

腸だけでなく、体全体を温めるためにも、体を冷やす服装は避けましょう。とくに夏のシーズンに

は薄着になりますが、極端な薄着は体の体温を保つのを難しくさせています。

夏の薄着に限らず、女性はストッキングやガードルなどの体を締め付ける衣類を着ることも多いと

思います。しかし、体を締め付けることが自律神経の活動を抑えたり、交感神経を緊張させたりも

します。夏のシーズンに無理に厚着をする必要はもちろんありませんが、極端な薄着を避ける、体

幹部とくにお腹周りを冷やさないような服装にすることを心がけましょう。季節問わず、腹部を温

めるものとして腹巻などを使うのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました