分かってるよね 水素は酸素と化合をして水になる時 電気を発生する

すきま!ためになる記事

CO2を一切排出しない 脱酸素社会の実現の切り札 

水素は酸素と化合をして水になる時、電気を発生するためこれを電力として利用できる。

この過程でCO2を一切排出しないことから脱酸素社会の実現の切り札となる電力源として

期待される。

ここが問題 この視点が欠ければ意味を失う

ただ現在日本で使われている水素の多くは天然ガスや石油石炭などの石化燃料を化学反応させるこ

とで製造されており、その際にCO2が排出されている。そのため水素を製造する段

階でもCO2を出さないCO2フリー水素の普及が重要である

いろんな議論の最も重要で、ポイントなこの重要事項が時として省かれるようなことが実に多い。

この点で世界的に注目されているのが福島県浪江町に建設された福島水素エネルギー研究フィール

ド(FH2R)だ

実証事業 福島県浪江町 世界が注目 詳しくはリンク貼りました

年間で最大900トン規模の水素を製造し貯蔵できる施設である1日あたりの水素製造量は最大で約

150世帯の1ヵ月分の電力使用量に相当する。とのこと。

FH2Rで製造される水素はまさにCO2フリー水素だ。敷地内にある約 70,000枚の太陽光

パネルで発電した電力を使って水を電気分解し水素ガスを発生させる。この省エネを用いた水素の

製造技術はパワートゥーガス(POWER TO GAS=PG2)と呼ばれている。

パワートゥーガス(POWER TO GAS=PG2)

余剰電力を気体燃料に変換(気体変換)して貯蔵・利用する方法です。近年、化石燃料の高騰や地球温暖化防止の観点から、太陽光・風力・地熱など自然エネルギーを利用する再生可能エネルギーの普及・拡大が進んでいます。再生可能エネルギーのうち風力発電や太陽光発電などは気象条件によって発電量が変動するため、発電量が電力需要を上回るときは余剰電力を貯蔵する必要があります。従来の余剰電力貯蔵には、揚水式水力発電、蓄電池、フライホイールなどが利用されてきましたが、それぞれ、立地の制約、大容量化・コスト低減に課題、短時間供給に限定という欠点があるためパワーツーガスがこれらに代わる新たな貯蔵方法として期待されています。

株式会社日立総合計画研究所

浪江町は昨年2020年11月になみえ水素タウン構想を発表FH2Rで製造されるガス水素ガスを使っ

て電力を供給する、全国で初の実験事業を進める。

将来的に地上や地上約5メートルの高さにパイプラインを敷設して水素ガスを燃料電池に運送し、

燃料電池の中に貯蔵された水素ガスを酸素と反応させて発電するという計画だ。これは安全の策

としての方法のようである。

さらに自然災害でパイプなどが、仮に破裂し水素ガスが漏れても、上空で拡散させるため爆発の

危険性は低いとされている。

とにかく、安全面には注意を払って、あらゆる想定が大切であると思う。

素人が、余計なことをあまり言えないが、ここは肝であると思われる。

立地企業の消費電力を全て再エネで賄う産業団地計画

可燃性の水素ガスを安全に運行できる新たな技術では浪江町は2024年にも、立地企業の消費電力を

全て再エネで賄う産業団地を町内に完成させる計画だ。

計画通りということは、なかなか難しいが、ここに水素ガス供給のためのパイプライン整備とする

方向のようだ。

こうした水素タウンを、国内10か所も計画してほしいし、お金をかけてほしいものだ。

そして、計画にはインフラ構築も含めて、希望の持てる、間違いのないものを一つ一つ、実行して

いって貰いたい。

今までの失敗から学んでほしい

こうした計画には、計画ありきの庶民目線が大きく欠如していることが多い。

実際にそこで暮らす人の大きな希望と、発展。次の構想を心待ちにできるような成功事例の拡大。

着実に、どこかの山の中とか、僻地での試験ではなく。仕事、住居、すべてのインフラのセットで

未来を創設出来うるように、政府、企業が協力していけるようにしてもらいたい。

恐らくここに政治の力も大きく、必要になると思われる。

そしてこういうことをもっと知らしめてほしいと念願する。

福島生まれの再エネ由来水素で未来の水素社会実現に挑戦

 

水素供給構造の転換に向けた取り組みのひとつが、福島県浪江町で進められている「福島水素エネルギー研究フィールド」です。

福島県では、福島全体を新しいエネルギー社会のモデルを創り出す拠点にすることで、エネルギー分野から復興を後押ししようとする、「福島新エネ社会構想」が進められてきました。この構想に基づき、国や県、研究機関、地元経済界、電力会社や再エネの業界団体などが参加して、さまざまな再エネや新エネに関する取り組みがおこなわれています。そうした取り組みのひとつとして、再エネを使って水素を「作り」、「貯め・運び」、「使う」という、未来の水素社会実現に向けたモデルの構築が、浜通り地域にある浪江町で進められているのです。「福島新エネ社会構想」の中でも、浪江町でのこの再エネ由来水素プロジェクトをはじめ、浜通り地域などでの取り組みは、同地域の産業基盤の再構築を目指す「福島イノベーション・コースト構想」にも位置付けられています。詳しく知りたい 次世代の「新エネルギー社会」は福島から始まる
浪江町は、東日本大震災により発生した津波により被災し、さらに東京電力福島第一原子力発電所の事故により、一時は町内全域に避難指示が出されるなど、大きな困難に見舞われた町のひとつです(なお、避難指示は、2017年3月31日に「帰還困難区域」をのぞいた区域で解除されています)。

プロジェクトでは、この浪江町に1万kW級となる世界最大級の水素製造設備を建設し、再エネで大規模に水素を製造する実証をおこなう予定となっています。
経済産業省 資源エネルギー庁

プロジェクトの概要図

福島水素エネルギー研究フィールド

プロジェクトの概要を示したチャートフローです。
タイトルとURLをコピーしました