自転車の魅力を探る 中高年のファンが増加 趣味の自転車あれこれ 

すきま!ためになる記事

    リンクを貼ります。自転車のすばらしさ

サイクリングを趣味とする人たちは、サイクリングの魅力をどこに感じているのか

サイクリングでは車でのドライブやバイクでのツーリングとちがい、エンジンの力を借りず、 自分

の力だけでどこまでも遠くに行けることに自転車の魅力を感じます。自転車は有酸素運動なので、

楽しく脂肪を燃やせます。これから夏になりさまざまな生き物たちのエネルギーがあふれ出て、車

では感じることのできない季節感を先取りしに行ってみませんか。

自転車に乗っていると、思っている以上に汗を掻きます。例えそれが寒い時期であっても、漕ぎ出

して20分もすれば、寒さを忘れ身体全体が暖まっていることに気が付きます。夢中になってペダル

を漕いでいると、知らないうちに意外とカロリーを消費しています。

自転車を漕ぐ時に使う筋肉は、お尻から太ももの裏側にかけての大きな筋肉が主となります。

この大きな筋肉は疲れにくく長持ちするという特性を持っています。この大きな筋肉を日々使うこ

とにより、基礎代謝が上がり脂肪が燃えやすくなります。

べんりでたのしい乗り物、自転車

自転車が自動車よりも後に発明されたと聞くとびっくりしませんか。前後に並べた二つの車輪でも

倒れないことに、人間はなかなか気がつかなかったのです。簡単な機械に見える自転車ですが、た

くさんのすばらしい発明が積み重なって、今の形になりました。足でけってこいでいた最初の自転

車からマウンテンバイクまで、自転車はどのように発達してきたのか。そして、これからの

自転車は?

私も乗りますが、雨は、いやなので絶対に乗りません。天候の悪い時には乗る気が起きません。

あまり楽しんでいません。もっと気軽に楽しむべきでしょう。 

自分の力だけで進む。この感覚は、人間の原始からの本能を満足させる

また、車やバイクと違って、のんびりと走れるところもサイクリングならではの魅力です。

自分の止まりたいと思ったところで気軽に止まれる。車やバイクならついつい通過してしまいそう

なところでも、 自転車ならふらりと気軽に止まって立ち寄ることができます。

また、目的地に到達したときの何とも言えない達成感。

スポーツ自転車に乗ると、驚くほどの距離を自分の脚で走ってしまう

この驚きからスポーツ自転車の世界にどっぷりはまってしまった人は数え切れないでしょう。

スポーツ自転車を趣味とする人は、どのくらい走れるのでしょうか?

ある程度乗り慣れた人なら、1日で100km以上走ることができます。体力がある健脚派なら

1日で200kmから300kmも走ってしまうことも・・・

自転車さえあれば、誰でも、自分の脚で完走することができるのです

もちろん、ある程度のトレーニングは必要ですが・・・旅行気分、サイクリング気分でそんなトレ

ーニングができてしまうところが、 自転車のすごいところです。

自分の力でどこまでも遠くに。その気になれば、北海道一周でも、日本縦断すらできます。

これがスポーツ自転車を趣味とする最大の魅力です。

スピード感もスポーツ自転車の魅力ですが、どのくらいのスピードで走れるのでしょうか?

自転車レースなどに参加し、スポーツ自転車にある程度乗り慣れている人は、 平坦な舗装路なら

時速30km前後でいつまでも走り続けることができます。これは原付の法定速度に匹敵する

スピードです。さらに、下り坂なら時速70km以上に達することもあります。

交通安全に気をつけるのは絶対条件ですが、ジョギングでは味わえないこのスピード感が

スポーツ自転車独特の魅力です。

タイトルとURLをコピーしました