2021-04

すきま!ためになる記事

美味しさの ポイント クローズアップ ①高座豚手作りハムと②クルミ入り手作りスモークチーズ

生産効率にやられてしまいます。よほどうまくいっていないと、商売ベースというものには乗らないのです。ただ美味しくても駄目、良いものの追求だけでも、高いだけで売れない。と商売は本当に難しいのです。そこに、心が入らなければならない!
すきま!ためになる記事

環世界 (環境世界)という概念をご存じだろうか ユクスキュルが提唱した生物学の概念

時間や空間など我々を取り巻く環境とは、すべての生物に共通するプラットフォームのようなものではなく、生物それぞれの独自の時間・空間として知覚されているものだというものです。我々が、環境問題というときは、人間にとって、都合の良い世界を問題にしている。
すきま!ためになる記事

コミュニケーションに欠かせぬ 話す力よりは、まず聞く力をつけてみましょう!

聞き上手になるポイントは、声で表す相づちと動作で表すうなずきです。余計な言葉を挟まない分、相手が自由に話せ、聞いていると感じてもらえる効果があります。相づちとうなずきの基本は、相手のペースに合わせることです。親身になるということが一番大切です。相手の気持ちになる。
すきま!ためになる記事

ビッグデーターを街づくりに活用した次世代都市 スマートシティー

今、世界各国で導入が進められ、日本でも自治体や企業の取り組みが注目されている。 スマートシティは、人が集まる・人が住みやすいまちづくりを目指す取り組みです。      リンクを貼ります。スマートシティー事例。 世界中で進...
すきま!ためになる記事

とても気になるニュース 世界の魚介類に微小プラスチック この記事を読めば 焦りが出てくる

プラスチック摂食による影響は、物理的な摂食阻害とプラスチック由来の化学物質が体内へ移行して起こる毒性の二つが考えられる もう本当に時間がない。後戻りもできないだろう。先のことを考えると、やはり暗くならざる負えない 残念でたまらない。出来ることをやっていこう。
すきま!ためになる記事

身近なコンビニ大手2社 決算での内容 これからも時代状況に合わせて、庶民に寄り添う

日常に根ざしたセブンの強さを見せつけられた1年だった このような密着の実行力が無ければ、大きな支持とは繋がらない。 ローソンは米ウーバーテクノロジーズの宅配代行サービス「ウーバーイーツ」との連携を強化 ファミマも20年8月、移動販売の実証実験を兵庫県の淡路島で始めた。
昔のおもしろ話

せみの鳴く季節に今少し 成虫になってからの時間の無さに、いつも切なさを感じていました

今年も、もう5月を過ぎれば、また泣き出します。使命をきちんと果たしてもらいたいものです。種類は違いますが10月まで鳴く種もあります。この使命を果たすの部分をしっかり学び取り、人間も地球にとっての役目を自覚し、ためになるよう行動をしてゆきたいと思います。
すきま!ためになる記事

新型コロナ世界の現状況 4月に入ってからの情報 ブラジル・インドの勢いがすごい 

1年以上もこの異常な状態の繰り返しで、慣れはあるが少しもよくなっていない。ワクチンが出回り始めているのにこの状態である。もちろん世界的にも、記録更新しているだけでちっとも良くない。台湾では良い状況となっているということだ。
すきま!ためになる記事

遺伝子スイッチ 先祖から受け継いだ生命の設計図  鍵は行動と心の在り方

興味深い見地では、ハーバード大学から祈りという行為によって、2,200以上の遺伝子スイッチが働くという研究成果が発表されています。とにかく、希望をもって、確信深く前向きに取り組む人間はそうした基本を忘れがちなので、いつもそうしたことに触れることが大切です。
すきま!ためになる記事

緊急!!宇宙ゴミをなんとかしなくては その対策 日本がまた頑張っている

国際連合や国際的な機関で、お金なども出し合い未来に向けて整備をしてほしく思う。そういうことは、このことに限ったことではなく、地球としてどうするか、どうしなくてはいけないか。といった問題は、これからもどんどん増えてくると思うので、一刻も早く手を打ってもらいたいと思う。
タイトルとURLをコピーしました