2021-05

引っ越し・住まいに関する記事

住宅 こだわる対策 いろいろ 絶対に譲れないポイント あれこれ

実は項目を挙げれば、5が10でも、あるのですが、今回は失敗が多い、気を付けなくてはならない項目から、絞りました。なかなか、広さと予算もあり、そして家族構成もありで、全て思いどおりなどは出来なく、ゆずれない部分を自分なりにピックアップするしかないのです。
すきま!ためになる記事

開発進む量子技術 量子コンピューター開発競争、日本の現状は?

アメリカ勢が量子コンピューターや人工知能に躍起になり、中国勢が超長距離の量子通信に首っ引きのいま、日本の企業人たちが組織の壁を超え、手を取り合い、飛躍すべき時が迫っている。量子を基礎に置く通信技術全体のアップデートは、中国もGAFAも取り組めていない。
すきま!ためになる記事

自転車の魅力を探る 中高年のファンが増加 趣味の自転車あれこれ 

もちろん、ある程度のトレーニングは必要ですが・・・旅行気分、サイクリング気分でそんなトレーニングができてしまうところが、 自転車のすごいところです。自分の力でどこまでも遠くに。その気になれば、北海道一周でも、日本縦断すらできます。
すきま!ためになる記事

慢性副鼻腔炎 新しいタイプが増加傾向 急性のうちに専門医受信

鼻づまりを起こしたときに、市販の点鼻薬(スプレー式など)を使うと、一時的に症状が改善されます。しかし、使い続けていると、薬の効き目が薄れたときにかえって鼻づまりを強く感じたり、症状を悪化させてしまうこともあります。市販の点鼻薬はあくまでも対症療法です。
すきま!ためになる記事

生き生き車中泊 全国を愛車で動き回り 自由気ままに 楽しみつくす

車を不適切な場所に長時間駐車していると、近隣住民から通報され、警察に職務質問されることが多々あります。近くにトイレがある場所を選ぶことは非常に重要なポイントです。夜間に駐車場が封鎖される場所があります。出たい時に出ることができないのは大問題。
すきま!ためになる記事

コロナ禍 女性の影響深刻 DV相談 自殺者数が増加 政府研究会

   リンクを貼ります。ドメスティック・バイオレンス 「ドメスティック・バイオレンス」とは英語の「domestic violence」をカタカナで表記したものです。略して「DV」と呼ばれます 「ドメスティック・バイオレ...
すきま!ためになる記事

でたらめの使い道 さまざまな場面で乱数が使われている 意外と身近

物理乱数の使用を進めています。ただ、乱数を発生させるのに時間がかかり、装置も効果になってしまうため、疑似乱数と物理乱数をうまく使い分けけるのが実用的なのかもしれないという。見方をしているようです。物理乱数こそ真の乱数と呼ぶにふさわしいものとの意見もある。
すきま!ためになる記事

無人戦闘機 開発 自立型致死兵器システム XQ-58Aヴァルキリー

自立型致死兵器システム(LAWS)になり得る兵器であるとの指摘あり攻撃の際、AIが認識を間違えることで誤爆を招くことも危惧される。このLAWSの規制に関する議論は、特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の政府専門家会合(GGE)で行われている。
すきま!ためになる記事

脂質を遠慮しないで食べる ほんとにそれでいいの!?かえって痩せる

人間の体はあるものを取り除いたり加えたりする方法だけで治せるものではなくて、あっちこっちが相互に関連しているんですね。最近ではシステム生物学といって、遺伝子やタンパク質など複数の因子の各構成要素のネットワークをシステムとして考え、どれとどれがくっついているかと検証していく。
すきま!ためになる記事

尻から酸素で呼吸改善? 時代はそして医学は進んでいる 呼吸不全改善

東京医科歯科大や名古屋大、京都大などの研究グループは15日、腸から酸素を取り込む「腸呼吸」によって新型コロナウイルス感染症でも起こる呼吸不全を改善できる可能性があるとする研究結果を公表した。マウスやブタなどで効果が確認されたという。ニュースが流れました。
タイトルとURLをコピーしました