2021-06-11

すきま!ためになる記事

豪雨から命守る調節池 雨水貯留して 川の氾濫を防ぐ 水害ストップ

近年、1時間当たりの降雨量が50ミリを超える集中豪雨が頻発し、浸水被害が相次いでいることから東京都は都内の洪水対策の一環として、貯水池の整備を加速させている。都内の調節地のうち、神田川水系の対策のために整備されたのが、中野、杉並両区に位置する神田川・環状7号線地下調節池だ。
タイトルとURLをコピーしました