2021-06-15

すきま!ためになる記事

ケトン食療法 てんかんとの関係 がん抑制 脳機能促進 肥満抑制

てんかんに関してはてんかん発作が減少する効果が期待できることが分かっています。具体的には、脂質はケトン体を作りやすく、炭水化物(糖質)はケトン体を消す方向に働きます。脂肪が多く炭水化物(糖質)が少ない食事を摂取することにより、ケトン体を体内で生成させることができます。
タイトルとURLをコピーしました