昔のおもしろ話

昔のおもしろ話

せみの鳴く季節に今少し 成虫になってからの時間の無さに、いつも切なさを感じていました

今年も、もう5月を過ぎれば、また泣き出します。使命をきちんと果たしてもらいたいものです。種類は違いますが10月まで鳴く種もあります。この使命を果たすの部分をしっかり学び取り、人間も地球にとっての役目を自覚し、ためになるよう行動をしてゆきたいと思います。
昔のおもしろ話

月面着陸初制覇 思いで深き 1969年7月20日午後4時17分あれから48年・・・・

リンクを貼ります。知らない人も大勢いるんだ。月面着陸 1969年といえば、昭和44年だからまだかわいい学生のころだったんだ。 あれから48年・・・・ 世間の注目ぶりは、とにかくすごかった。快挙をこぞって、讃嘆して...
昔のおもしろ話

2B弾遊び 危険極まりない遊びを タイミング的には祭りの後などに良くやった!

今の子供たちはかわいそうでたまらない。大人が意図的な手を入れれないことも分かっているが 時代的な縛りや、ゲーム機、携帯、パソコンと大人が手にするものと同じだ。 大きな流れはどうしようもないが、何とかしてあげたいと思う。
昔のおもしろ話

小樽 手宮洞窟(手宮古代文字)とザリガニ遊び 小樽総合博物館博物館近く

そしてそのチョロチョロ川は、そもそもどこを水源に発生したものなのだろう。それが崖を目がけて、手宮洞窟のあたりに流れ込んでいた。今はすっかり枯れて跡形もない。知っている人なんて、そこで遊んでたガキだけだと思う。そこに結構な数、ザリガニが生息していた。
昔のおもしろ話

第二弾 塩の効いたシャケはおいしいだけじゃない!すごいんだ!

人類はすでに、2回とも3回ともいわれているが、滅んでいるらしい。 何んとなく嘘とも思えない。 ただ諦めるのではなく、急速に地球がひとつとなり、 良い方向に向かい舵を切れないものだろうか。 それを祈り、善なる行動をしてゆきたいと思う。
昔のおもしろ話

長屋の生活 おもしろおかし 懐かしいアニメのような世界

子供としては面白かったのだ。面白くて毎日が冒険の日々だった。 今の育ちの良い子供たちが、かわいそうであると思う。 遊びのフィールドが違う。外での自然な遊び、冒険だ。思いっきり、外で冒険の遊びをさせてあげたい。
昔のおもしろ話

北海道 小樽市 手宮 北海道の鉄道スタートの地 札幌じゃないんだ

小樽の駅舎もすでに直して、何十年も経過したろうけれど、その直す前だから、なかなか古くて情緒のある駅だった。当時は札幌まで1時間かかっていたが、今は40分かからないのではないか。 小樽の町もゆっくり歩いてみたい。結構行くところはあるのだ。狭く小さな町だが、思いで深い。
昔のおもしろ話

不思議な体験 いま思うと旋律する 子供のころの思い出・・・

昔食べた、ラーメン屋、蕎麦屋、甘味処、だんごや、ぱんじゅう屋、すし屋。食べ物ばかりだが 古い市場、病院、他いろいろと食べ物以外もある。 印象に残る場所なども、自分にとって特別なところがある。 年を取ったせいは間違いなくありそうだが、歩みの確認をしたいときもある。
昔のおもしろ話

俺のおたる 出身地 スキーの思い出と惨めなゴルフの思い出

なんだか、なんでもやり抜いたことのない自分の人生だが、このブログも、ほんとに一歩一歩やらせてもらっていますが覚えることが多く、複雑でわからない。 勉強が足りないので、まだまだですが、着実に前へ前へ進んでいきます。これからもいろいろ発信いたします
昔のおもしろ話

立ち飲みは大人の特権 なんだか楽しそうで、おいしそうで

仲間がいればおいしいお酒となる。その仲間もせいぜい2人だね。それ以上だと結局話すグループは分かれてしまう。 世の中、楽しみ方はいろいろあるね。一人じゃ、やっぱり面白くないことも多いけれど。 ビンボー臭いとか、あまりこだわらずに、肩ひじ張らずに楽しむべし。
タイトルとURLをコピーしました