昔のおもしろ話

長屋の生活 おもしろおかし 懐かしいアニメのような世界

子供としては面白かったのだ。面白くて毎日が冒険の日々だった。 今の育ちの良い子供たちが、かわいそうであると思う。 遊びのフィールドが違う。外での自然な遊び、冒険だ。思いっきり、外で冒険の遊びをさせてあげたい。
昔のおもしろ話

北海道 小樽市 手宮 北海道の鉄道スタートの地 札幌じゃないんだ

小樽の駅舎もすでに直して、何十年も経過したろうけれど、その直す前だから、なかなか古くて情緒のある駅だった。当時は札幌まで1時間かかっていたが、今は40分かからないのではないか。 小樽の町もゆっくり歩いてみたい。結構行くところはあるのだ。狭く小さな町だが、思いで深い。
昔のおもしろ話

不思議な体験 いま思うと旋律する 子供のころの思い出・・・

昔食べた、ラーメン屋、蕎麦屋、甘味処、だんごや、ぱんじゅう屋、すし屋。食べ物ばかりだが 古い市場、病院、他いろいろと食べ物以外もある。 印象に残る場所なども、自分にとって特別なところがある。 年を取ったせいは間違いなくありそうだが、歩みの確認をしたいときもある。
昔のおもしろ話

俺のおたる 出身地 スキーの思い出と惨めなゴルフの思い出

なんだか、なんでもやり抜いたことのない自分の人生だが、このブログも、ほんとに一歩一歩やらせてもらっていますが覚えることが多く、複雑でわからない。 勉強が足りないので、まだまだですが、着実に前へ前へ進んでいきます。これからもいろいろ発信いたします
昔のおもしろ話

立ち飲みは大人の特権 なんだか楽しそうで、おいしそうで

仲間がいればおいしいお酒となる。その仲間もせいぜい2人だね。それ以上だと結局話すグループは分かれてしまう。 世の中、楽しみ方はいろいろあるね。一人じゃ、やっぱり面白くないことも多いけれど。 ビンボー臭いとか、あまりこだわらずに、肩ひじ張らずに楽しむべし。
すきま!ためになる記事

蒙古斑(もうこはん) これって何!若い人はきちんと勉強しよう。

今までになかった素晴らしい地域、国を構築できないものだろうか。 やっぱりここで登場は政治という事になる。簡単なことなど何もないけれど、頑張ってもらいたい。 その代わり関心と選ぶ責任をしっかり持ち、あらゆるものを監視していかなくてはならない。
昔のおもしろ話

ハタハタはおいしい魚 ほしても旨く 煮つけも 飯寿司にも

愚かな人間のしてきたことの全体としての後戻りはできない。 罪を悔いて、自分の出来る正しき行いをすることのみ。 人のために役に立とう。できることは必ず何かあるはずだ。と思ってみても、どうすることもできない。 自分の出来ることを小さいけれどやっていくしかない。
昔のおもしろ話

室蘭の楽しい思い出 室蘭駅近く 中央町 海岸町 そして港湾福祉センター

室蘭での宿泊は、いろんなところへ宿泊しましたが、ここが一番多かったと思います。 港町の福祉センターは、全国的にも大きな港湾には結構ある。いろいろと物事は、変わっていく。大切に!しんせつに!と今は言いたいです。これ大事です。なんでも真心こめてがポイントです。
昔のおもしろ話

苫小牧、昔のセールスはどんな感じでパソコンでの仕事をしたか

結局鋭く時流をにらみ、先のことや自分がどの位置にいて、その後の展望をどうとるのか。努力をしてこなかった。今の若い人のほうが危機感をもって、さらに向上をしようとあがいています。常にどうあるべきかを、自身に問いましょう。時間は実はまったくと言っていいほどないのです。
すきま!ためになる記事

未来の電力はどうする?洋上風力発電のこれからと現時点の状況

もはや、原子力に頼れない、未来が見えている限り、結論的にはそう多くない選択肢と取り組まざる負 えない。総合的な評価で、官民一体となって未来のために取り組まなければならない現状だけが浮き彫 りとなっている。 私ばかりではないと思う。
タイトルとURLをコピーしました